不妊治療費まとめ妊娠した周期の福さん式

BABY&MeのBELKを購入!エルゴとミアミリーも試着して比較した!

スポンサーリンク
出産準備
この記事は約6分で読めます。
まりも

抱っこ紐は「エルゴ」でいいや~

となんとなく思っていた私。

頼りにしていたLDKの「ベビー用品完全ガイド」にもエルゴが良いって書いてあったから。
¥1,320 (2022/10/05 08:35時点 | 楽天市場調べ)

まりも

みんなと同じものを使っていれば、間違いない!
Best Buyって書いてある、エルゴでいいんだ!

¥31,900 (2022/10/05 08:35時点 | 楽天市場調べ)

そんな気持ちがありました。

も、エルゴについて調べるうちに
Aさん
Aさん

腰痛が出てくる。

というコメントを多く見つけるようになりました。

腰痛持ちではありませんが、肩こり・腰痛は抱っこ紐を買う上では気になるところ。

そこで、肩と腰への負担が少ない抱っこ紐を探すことにしました。
スポンサーリンク

ヒップシートタイプ

ミアミリーが気になり始める

肩と腰への負担が少ない抱っこ紐を探していると
Aさん
Aさん

百貨店の店員さんに、エルゴよりミアミリーがおすすめと言われた。

というコメントを発見しました。

早速ミアミリーで検索してみると、ヒップシートタイプの抱っこ紐でした。

以前お店で抱っこ紐を見ていた時、「何!?この大きい塊が付いた変なやつ!」と思っていたもの。

ヒップシートタイプは抱っこする側が楽なだけでなく、赤ちゃん側も楽に座れるみたいです。

いざ試着へ!

ミアミリーがすっかり気になり始めた私は、早速主人と一緒に試着をしに行きました。
まりも
まりも

やっぱり相性もあるので、試着はした方がいいと思います。

売り場に置いてあったのは、

  1. エルゴ
  2. ミアミリー
  3. ベビーアンドミー

の抱っこ紐。

店員さんに説明を受けながら試着をしていくと、確かに装着感に違いがありました。
そして、今まで知らなかったメリットやデメリットも発覚!!

エルゴ OMNI360

1番初めに試着したのは、本でおすすめされていたエルゴのOMNI360。
¥31,900 (2022/10/05 08:35時点 | 楽天市場調べ)

抱っこ紐を試着するのは初めてで、悪くないかな?と思ったのが第一印象です。

でもこの後ミアミリーとベビーアンドミーを試着することで、腰のフィット感が足りないと感じるようになりました。

それは、紐だけで支える部分があったから。
フィット感が足りなかったので、エルゴは候補から外すことになりました。

私は候補から外しましたが、

  1. 肩ベルトの厚みがしっかりある
  2. 新生児から使える
  3. 赤ちゃんの背中にあたる部分がメッシュ

という部分はいいなと思いました。

定価は31,900円(税込)です。

ミアミリー

続いて試着をしたのは本命のミアミリー。

ウエストベストで一周しっかり支えられていて、安定感抜群!!

一見メッシュではありませんが、背中のファスナーを開けるとメッシュになります。

あと良いなと思ったのは、ヒップシートの下が収納スペースになっているところ。

オムツやおしり拭きが余裕で入るサイズで、ちょっとしたお散歩に便利だと思いました。

ただ、やっぱりデメリットもあって

  1. 4ヵ月まではインサートの購入が必要
  2. メッシュカバーが全部外れるので、カバーをなくす心配がある
  3. ヒップシートがかさばる

という部分は気になりました。

定価は本体が28,600円(税込)、インサートが6,600円(税込)です。
新生児から使用するには、合計35,200円(税込)かかります。

ベビーアンドミー BELK

最後に試着をしたのはベビーアンドミーです。

べビーアンドミーはBELKとONE-Sという製品があり、今回はBELKを試着しました。
2019年12月20日に発売された新製品です。

ミアミリーと同じメリットデメリットもあれば、ミアミリーにはないメリットデメリットもありました。

まずは、ミアミリーと同じメリット&デメリット。

メリット
  1. ウエストベルトが一周しっかりある
  2. 背中を開けるとメッシュになる

デメリット
  1. 4ヵ月まではパーツの購入が必要
  2. ヒップシートがかさばる

次に、ミアミリーと違うメリットデメリット。

メリット
  1. メッシュカバーが本体に収納できる(なくす心配なし)
  2. 本体からヒップシートが外せる
  3. 首回りカバーも付属している

デメリット
  1. ヒップシートの下に収納スペースがない
まりも
まりも

ヒップシートの下に収納スペースはありませんが、ウエスト部分に付属のポーチをつけて収納することができます。

装着感は、私たち夫婦にはミアミリーよりしっくりきました。

何と言っても、ミアミリーにはない本体からヒップシートが取り外せるという点が良いんです!
※ヒップシートが外せるのはBELKだけで、ONE-Sは外せません。
追記 現在はミアミリーもヒップシートが取り外せるみたいです。

エルゴタイプに変身

ベビーアンドミーのBELKは、ヒップシートを外してパーツを付け替えると、写真のようにエルゴタイプになります。
ヒップシートではなくなるので、かさばりません。

ヒップシートを外しても、ウエストベルトの安定感はそのままという点も良かったです。

ヒップシート単体で使用できる

外したヒップシートは、単体で使用できます。

家で抱っこをせがまれても、ヒップシートがあるだけで体への負担を減らすことができます。

あと、今後2人目が産まれた時に

  1. 上の子はヒップシートだけで抱っこ
  2. 下の子はエルゴタイプで抱っこ

というように、パパとママで同時に2人の抱っこができます。

簡単に言えば、エルゴとヒップシートタイプの良いとこ取りをした抱っこ紐!

発売されたばかりだけど、どう?

とても魅力的だけど、発売されてまだ1カ月…。
まりも
まりも

購入している人はいるんだろうか。

と気になりました。
店員
店員

最近はヒップシートタイプが人気で、BELKの問い合わせは多いですよ。

と店員さんは言っていたし、実際に購入している人もいるみたい。

「インスタでも紹介されることが多くなっていて、今後もっと問い合わせが増えると思います」と話されていました。

ベビーアンドミーのBELKに決めた!

こうして、私たち夫婦はベビーアンドミーのBELKを購入することにしました。

定価は本体が27,500円(税込)、パーツが9,900円(税込)です。
新生児から使用するには、合計37,400円(税込)かかります。
まりも
まりも

結局、エルゴやミアミリーより1番高額になってしまいました。

なんとかして安く購入できないかを調べあげ、優待券などを利用して
本体を25,245円(税込)、パーツを4,999円(税込)で購入することに成功しました。

合計30,244円で購入することができ、7,156円の節約に成功。
節約できたお金で、可愛いよだれカバーなど購入しようかなと思います。

BELKの魅力については、こちらに詳しくまとめています。

ここまでの出産準備費用まとめ

ここまでの出産準備にかかった費用を、節約金額と併せてまとめてみました。
※購入品のリンクを押すと、それぞれの記事に移動します。

購入品購入金額定価節約金額
肌着一式3,700円5,970円2,270円
ベビー布団一式5,500円11,000円5,500円
コニーの抱っこ紐4,800円6,880円2,080円
BABY&Me BELK.30,244円37,400円7,156円
まりも

節約金額が増えていくのが快感です(笑)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました