PR

驚異の改善!8ヵ月に渡る精液検査と2つの努力

驚異の改善!8ヵ月に渡る精液検査と2つの努力 検査
まりも

こんにちは。
まりもです。


不妊治療をするにあたり、欠かせない検査の一つが「精液検査」

初診の時点から精液検査を受けるように先生から言われていたのですが、主人に受けてもらえるまで、実は4カ月ほどかかりました(涙)
スポンサーリンク

精液検査とは?

精液検査は、男性の不妊検査の一つです。
液量や濃度、運動率などを検査します。

ここに問題があると、タイミング指導の意味が全くありません。
そのため、できるだけ早期に受ける必要がある検査です。

先生からも、
先生

全く精子がない人も中にはいますから、早く受けてください。

と言われていました。

精子は、日々体内で作られます。
そのため、ストレスや体調により結果が大きく変動します。

1回目の結果が悪い場合は、体調が良い日に再検査を受けるように勧められることが多いです。

検査項目

私が通っているクリニックの場合、検査項目と判定基準はこんな感じです。

まりも
まりも

正直、これを見てもよく分かりませんでした。

精子自動性指数(SMI)が重要

初めて精液検査を行った時、?って顔をしていると、
先生

はじめて聞く言葉ばかりだと思います。
この中で一番重要なのは、「精子自動性指数(SMI)」です。
ここだけ見ておいてください。

と言われました。

精子自動性指数(SMI)は、運動精子濃度にスピードも考慮して数値化したものです。
受精能力を判定するために、精子運動性指数を判定に使用するケースが増えているのだそう。

確かに、いくら運動精子が多くてもスピードが遅かったら卵子まで辿り着けないですもんね。

8か月間の結果推移

ここからは、実際の検査結果をご紹介いたします。

2018年9月

初めての精液検査の結果がこちらです。
 

1番重要と言われていた精子自動性指数(SMI)は63です。
SMIの判定基準は80以上なので、基準値以下ということになります。

先生

基準は80以上ですが、理想は100以上です。

まりも

男性不妊なのかな…

と初めて思った瞬間でした。
先生

人工授精に精液検査も含まれます。
いっそのこと人工授精へ進んでもいいと思います。


そう言われ、人工授精へのステップアップを決断しました。

2018年10月

1回目の人工授精で行った、精液検査の結果がこちらです。

精子自動性指数は45で悪くなっています。
先生

体調によってバラつきもありますが、もともとが低いのかもしれませんね。

と言われました。

実はこの時、主人には9月の結果を詳しく話していなかったんです。
プレッシャーに弱いタイプなので、結果が悪かったなどと言ったら悪化するかなと思って。

2回連続で値が悪かったので、主人にはこの後伝えました。

2018年11月

 2回目の人工授精で行った、精液検査の結果がこちらです。


主人は、いっぱい出たから自信あり!だったのですが、精子自動性指数は47
更に、奇形率も97.5%…。
先生

もともと精子は奇形率が高いので、気にしないでください。

と言われたものの、97.5%もあるとさすがに気になります…。

これでも調整した精子は92.2%になったので、技術ってすごいんだなと思いました。

2018年12月

1回目の採卵時に行った、精液検査の結果です。


精子自動性指数は27と過去最悪…。
先生

全て顕微授精にかけた方がいいですね。

ということなので、採卵できた卵子は全て顕微授精にかけました。

いつも精液検査の結果が悪いので、
まりも

このクリニックで検査を受けた人は、みんな結果が悪いんじゃ…

と訳の分からないことまで、頭に浮かんできました。

しかし、同じクリニックに通われている方のブログを拝見すると、精子自動性指数は163もありました。
まりも

これが現実かー…

 と認めざるを得ない状況(笑)

2019年4月

凍結した受精卵がなくなったので、2回目の採卵へ。
その時の精液検査の結果がこちらです。


結果を渡されてビックリ!!
精子自動性指数が145にまで跳ね上がっています!!

主人の結果ではないのでは…とまで思いました(笑)
まりも

なんでこんなに上がったんですか??

先生

もともと変動が大きい方もいるので、そういうタイプなのかもしれません。

と明確なことは分かりませんでした。

でも、たった4カ月間で27から145は改善しすぎですよね?
ニヤニヤして帰りました。

帰宅後、主人に伝えると主人もニヤニヤしていました(笑)

数値が5倍以上も改善した理由を考えてみた

4か月で5.37倍も数値が改善していた精液検査。
主人と思い当たることを考えてみました。

そこで出てきたのは、次の2点。

亜鉛サプリを飲み始めた

2018年12月の結果が過去最悪だったので、主人が自主的に亜鉛サプリを飲み始めました。

飲んでいるサプリは、ドラッグストアで一番安かったディアナチュラ

亜鉛14mgとマカエキス10mgが含まれています。

亜鉛は精液に多く含まれる成分で、精子の形成に必要不可欠な栄養素。
不足すると精子の形成が減少するなど、妊活に良くありません。

女性にもいいらしいので、私ももらって飲んでいます。

2週間の禁酒

採卵1週間前から、禁酒をしてもらいました。
飲み会も断らせるという徹底ぶり(笑)

量が多くなければOKかなと思いますが、飲み会に行って飲みすぎないなんて、主人には無理ですから。

禁酒は1週間の予定でしたが、採卵がどんどん伸びていったので、結果的に2週間の禁酒となりました。

最後に

何度検査をしても悪化する一方だった精液検査。
また次検査したら下がっている可能性もありますが、5倍以上も改善したのは事実!

  1. 亜鉛サプリ
  2. 2週間の禁酒

が功を奏したのかは分かりませんが、試してみる価値はあると思います。


検査
スポンサーリンク
まりもLIFE
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました