PR

ハワイでトレッキング!マノアの滝で癒されよう!

観光

こんにちは。
まりも☺︎です。

2019年GWのハワイ旅行。
4日目の朝は、マノアの滝を見に行きました。

スポンサーリンク

マノアの滝とは?

ワイキキから車で約20分のところにマノアはあります。
ワイキキから割と近い場所にありますが、マノアはとっても自然を感じることができる場所。

地形の関係で雨が降りやすく、ハワイの中でも特に虹が出来やすいので「虹の街」としても知られています。

マノアには、マノア・フォールズ・トレイルというトレッキングコースがあり、一番奥に滝があります。
早い人だと20分、ゆっくり歩いても40分で着くことができるので、気軽にトレッキングが楽しめる場所です。

アクセス

マノアの滝への入口は「マノア・フォールズ・トレイル」。
ワイキキからだと、

  • レンタカー
  • ザ・バス
  • ウーバー

で行くことができます。

マノア方面のザ・バスは、アラモアナショッピングセンターから出ていますが、1時間に1本くらいしかありません。

レンタカーを借りない場合は、行きはウーバー、帰りはザ・バスをオススメします。

  1. ホテルからウーバーでマノアへ行き、トレッキング。
  2. 帰りは、ザ・バスでアラモアナショッピングセンターへ行き、そのままショッピング。

というのが効率的かと思います。
実際に私もそうしました。

レンタカーの方は、マノア・フォールズ・トレイルの入口に駐車場があるので、そこを利用しましょう。

駐車場の手前で通行料を徴収されていました。

ウーバーでマノアへ

8:32
ホテルでウーバーを手配すると、2・3分でウーバーが到着しました。
あとは、そのまま乗っているだけ♩

お水やお菓子も貰えたし、iphoneも充電できたし、なかなか快適なウーバーでした。

ウーバーでマノアまで行った内容は、こちらにまとめています。

8:54
マノア・フォールズ・トレイルに到着!

滝を目指して、いざ出発です!

トレッキング

9:00
トレッキング開始!
入口から中に入ると、すでに緑がいっぱい。

ワイキキから近いところに、こんなところがあるなんてと感動してしまいました。

9:12
木の枝が左右に入り乱れているところを通過したり…

9:15
トトロのいる森に続きそうな、神秘的な道を通ったり…

9:26
木の枝でアーチができているところを通ったり…

9:26
足元の悪いところを通ったり…

9:28
岩の階段を登りきると…

9:30
滝に到着!

思ったより水の量が少ない?と思ったのが本音です(笑)
降水量なども関係しているのかもしれませんね。

滝の前は岩場でしたが、スピーカーでガンガン音楽をかけながらお弁当を食べている方もいました。

私たちも10分ほどここで休憩。

10:12
無事に下山!

行きは30分、帰りは20分ほどかかりました。

ザ・バスでアラモアナショッピングセンターへ

マノア・フォールズ・トレイルから10分ほど下ったところに、ザ・バスのバス停があります。

バスの本数は多くないので、事前にアプリで時間を確認しておきましょう。

ザ・バスについては、こちらにまとめています。

私たちの道のりとしては、こんな感じ。
10:25
バス停到着

10:30
バスに乗車

※もともと時刻表でも10:30となっていたので、かなり正確。

10:52
アラモアナショッピングセンターに到着。
このままランチへと向かいました。

注意

履き慣れたスニーカーで

雨が多い街なので、地面も濡れていました。

滑りやすいところ、歩きにくいところがあるので、履き慣れたスニーカーで行きましょう。

虫除けスプレーを

虫が多く、下山する頃には数か所を虫に刺されて痒い思いをしました。
気になる方は、虫除けスプレを持って行きましょう。

午前中の早い時間に行くのがオススメ

帰る頃には10時を過ぎていました。
その時間は日差しも強くなっていたので、できるだけ日差しの弱い時間に行くのが快適にトレッキングできると思います。
9時から登り始めてちょうど良かったです。

体調を崩された方がいたようで、入口に救急車が停まっていました。
水分補給をしながら、無理せず自分たちのペースでトレッキングを楽しんでくださいね。

まとめ

ハワイの山はダイヤモンドヘッドのイメージが強いと思いますが、マノアだって負けていません。

ダイヤモンドヘッドは頂上からの眺めが醍醐味ですが、マノアの醍醐味は何と言っても自然
一歩足を踏み入れると、大自然に感動すること間違いなしです。

ホテルから出発してワイキキに戻ってくるまで、2時間とお手軽ですので、是非行ってみてください。


まりも
まりも

本日もお読みいただきありがとうございました。
\MAHALO/


観光
スポンサーリンク
まりもLIFE
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました